ワキガと多汗症との関係について

ワキガに悩んでいる人の多くは、脇の汗が人よりも多く分泌されている…と感じているのではないかと思います。このように汗が多く分泌されてしまう原因として考えられるのが多汗症。

 

ここでは、ワキガと多汗症の関係についてお話していきたいと思います。

多汗症とは?

多汗症の男性

その名前の通り、普通の人に比べて多くの汗をかいてしまう症状のことを言います。

 

多汗症によって汗をかいてしまうのは脇の下だけではありません。手のひらや足の裏、頭皮など特定の部位だけにかく場合もあれば、体全体に汗をかきやすい体質の人もいるようです。
そして、この多汗症、ワキガに悩んでいる人に多い傾向があると言われています。

 

ここで注意していただきたいのが、多汗症によってかく汗は、エクリン腺から出るものであるということ。ワキガに繋がりやすいのはアポクリン汗腺からかく汗と言われていますが、多汗症になったからといって、アポクリン汗腺からかく汗の量が増えるというわけではありません。あくまでエクリン腺から分泌される汗の量が増えるのです。

 

エクリン腺から分泌されている汗は、ほとんど水と塩分なので無臭のものですが、アポクリン汗腺から分泌される汗と混ざることによって、雑菌の繁殖力が高まってしまいます。その結果、ワキガの特有のニオイの原因となってしまうわけなのです。

 

また、多汗症の場合、脇の下の広範囲に汗が拡散しやすくなる上に、衣服にまでべっとり汗がつきやすくなってしまいます。そのため、ニオイが拡散され周囲に漂ってしまいやすくなってしまうのです。

 

ワキガ対策におすすめのデオドラントクリームはこちら

 

ワキガで悩んでいる人には多汗症が多い?

ワキガに悩んでいる人は普通の人と比べると、脇の下にあるアポクリン汗腺の量が多いと言われています。そのため、ワキガではない人よりもアポクリン汗腺から分泌される汗の量も多い上に、エクリン腺にも影響を与えてしまうため、全体的にかく汗の量が多くなってしまい、雑菌の増殖が起こりやすくなってニオイに繋がる…という仕組みとなっています。

 

また、ワキガに悩んでいると精神的な影響から、余計に多汗症をひどくさせてしまうことがあります。例えば、ワキガに悩んでいて、「出来るだけ汗をかかないようにしないと…」と気にしすぎてしまうことが原因で余計に汗をかきやすくなってしまうのです。このような精神面から来る多汗症は精神性多汗症と言われています。

 

さらに緊張することで起こる緊張性の多汗症も存在しています。人は大勢の前に立った時などで緊張すると、通常よりも汗をかきやすくなるものですが、この時にかく汗の量が非常に多い場合に、緊張性の多汗症である可能性が考えられます。例えば、元々ワキガに悩んでいる人が大勢の前に立ったとき、周囲の人に自分のワキガがバレたらどうしよう…という緊張から余計に汗をかいてしまい、悪循環に陥るということも少なくありません。

多汗症は手術できるけど、ワキガが完全に治るわけではない?

ワキガの解決法を考える看護師

このような多汗症の症状は、手術によって治療することが出来ると言われています。おおまかにどのような手術を行うのかというと、汗を出す原因となっているエクリン腺の除去を行うことで、全体的にかく汗を減らす…というもののようです。

 

また、精神的なことが原因で多汗症になっている場合には、精神科にかかって自律神経を整えたりすることで多汗症を改善させていくことが可能です。

 

とはいえ、多汗症を改善したからといって、ワキガが改善するというわけではありませんので注意しましょう。

 

たしかに多汗症になっていることで汗の量が増え、ニオイが起こりやすくなっているのは事実ですが、ニオイは汗自体にあるものではなく汗によって繁殖した細菌によって起こるものです。

 

多汗症を治療して、エクリン腺から出る汗を制御出来たとしても、アポクリン汗腺から出る汗を制御することはできません。そのため、ある程度ニオイが拡散されるのを防ぐことはできますが、完全にニオイを消し去ることに繋がるわけではないので注意しましょう。ワキガのニオイを消すためには、多汗症を治すだけでなく、相応の対策をしていくことが必要になるというわけです。

 

 

このように、ワキガで悩んでいる人の多くは多汗症になっている可能性が高いと言えます。

 

多汗症を治してしまえば、ワキガ対策は万全とまでは言えませんが、多汗症の改善によってある程度ニオイを制御することは可能です。多汗症になっている場合はその治療を行うだけでなく、きちんとしたワキガ対策も同時に行っていくことで、さらにニオイを抑えて快適な毎日を実現していくことが出来るでしょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから