ワキガとはどんな症状を指すのか

自分のワキガの臭いを気にする女性

今やデリケートな悩みの1つであるワキガの悩み。自分から発生しているニオイであるため、自分では気付かないうちに周囲の人に煙たがれてしまっていた…なんてことも少なくありません。

 

そんなワキガですが、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。
ワキガの症状を把握して、早期に対策を取っていけるようにしましょう。

3つの段階があるワキガの症状

ワキガの症状は大きく分けて、
「軽度」「中度」「重度」の3つに分けることが出来ます。

軽度のワキガ

ワキガのニオイも軽度の頃はそこまで深刻なものでもありません。普通にしている分には自分ではほとんど感じることもありませんし、周囲の人々も常にはニオイを感じないほどです。

 

ただ、夏場の暑い時や緊張した時など、普段よりも脇に汗をかいた場合にニオイを感じてしまうことがあります。また、周囲にニオイが漂っていなくても脇の下を直接嗅ぐと感じるレベルです

中度のワキガ

軽度のワキガよりもニオイが強くなった状態です。この状態になると特別汗をかいたりしたわけじゃない、普通の状態でも特有の悪臭を感じるようになります。軽度なワキガが脇の下のニオイを直接嗅がなければ特にニオイを感じなかったのに対し、中度になると直接嗅がなくてもニオイを感じるようになってしまいます。

 

また、こうしたワキガのニオイの他に、白いシャツなど白色系の服を着た時に、脇の下の部分が汗によって黄ばむという現象も起こりやすくなるでしょう。よって、ニオイ以外にも、この黄ばみに対する対策も必要となってくるでしょう。

重度のワキガ

中度を更に超えてニオイがきつくなってくると、いよいよ重度のワキガ症状となります。この状態になってしまうと、お風呂で脇の下を入念に洗ったりして清潔に保つように心がけている程度の対策だけでは、ニオイを防止することが難しくなってしまいます。

 

このレベルまで来ると周囲の人も隣にいるだけで強くニオイを感じやすくなるため、人間関係に支障を来たしてしまったり、学校などでイジメの原因となる可能性が強くなります。

 

ワキガ対策はデオドラントクリームがおすすめ

 

ワキガの自覚症状はないのか?

男性の臭いを嫌がる女性

ワキガを防いでいくためにも、自覚症状があれば見落とさないようにしたいものです。

 

しかし、基本的に人間の嗅覚は犬など動物に比べるとそこまで優れていません。そのうえ、長い間同じニオイを嗅いでいると、そのニオイに慣れてしまう傾向にあります。

 

ワキガは自分から漂うニオイであるため、毎日のように嗅ぎ続けることになり、どうしても慣れてしまいやすいもの。そのため、特に自覚症状を感じないという人も少なくないのです。

 

また、反対にワキガを気にしすぎてしまい、過敏になってしまうケースも存在します。その場合、ワキガも軽度であまり周囲の人には感じられないレベルであるにも関わらず、脇のニオイをすごく気にしてしまうようになります。

ワキガの症状、男女の違いはあるのか?

ワキガの症状について気になるのが、男女で違いがあるのかどうかですね。結論から言うと、基本的に性別で症状に違いがあるということはありません。特有のニオイが発生するメカニズムは同じで汗によるものがほとんどです。

 

ただし、意外なお話かもしれませんが、どちらかと言うと女性の方が体質的にワキガの症状に悩まされやすいと言われています。その理由としては、女性の方が男性に比べて皮下脂肪が多いこと、甘いものが好きな人が多いことなどから、ニオイを出す成分を多く保有してしまいがち。このため、男性に比べて女性の方がニオイがきつくなりやすい傾向があると言われています。

 

 

このように、ワキガの症状は強いニオイや服の黄ばみなどで現れるものです。

 

特にニオイは周囲の人も巻き込んで不快な気持ちにさせてしまいやすいもの。自覚症状を感じていないという人も、ただ単に鼻が慣れてしまっているだけかもしれません。今一度自分のワキガの問題と向き合って本当に自分は大丈夫なのか、症状が出ていないのかを確認し、必要な対策を打っていきましょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから