ワキガと汗の関係とは

脇の下に汗をかくとニオイがキツくなる…。そう感じている人は少なくないでしょう。
「脇の下の汗=ワキガのニオイ」と思っている人は多いと思いますが、実際には少し違います。脇の下から出ている汗は、元々そんなに臭いものではないのです。

 

それでは、ワキガと汗の関係についてお話していきたいと思います。

普通の汗とは

汗について説明する看護師

上記のとおり、脇の下から分泌されている汗自体に、強いニオイがあるというわけではありません。でも、脇の下から分泌されている汗は普通の汗とは少し違っています。

 

ここでいう普通の汗とは、エクリン腺から分泌されているもののことです。エクリン腺は私たち人間の全身の皮膚に存在している汗腺で、体温が暑くなって来た時に汗を出すことで体の温度を下げるなど体温調節のために汗を放出しています。エクリン腺から出る汗は気持ちの良い汗とされていて、サラサラしているのが特徴です。

 

このエクリン腺から分泌されているのは少し塩分が混ざった水のようなもの。そのため、ほぼニオイを感じることはありません。ただし、汗をかいたまま放置しておくとだんだん菌などが繁殖してしまうため、嫌なニオイに繋がってしまうことはあります。この時に感じるニオイは俗にいう汗臭い、というもの。ワキガのようなニオイとは異なります。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから

 

脇の下から出ている汗はどんな汗なのか?

脇の下には、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺も存在しています。これはエクリン腺とは違った器官であり、ここから出る汗の質はエクリン腺から出る汗とは全く違っています。

 

アポクリン汗腺から出る汗に含まれているのは水分だけではありません。アンモニアや皮脂、タンパク質など体内で余分になった成分など様々なものを含んでおり、その人の食事内容によって含まれている成分は異なってきます。

 

この汗自体、皮脂が含まれていることから想像出来るようにギトギトしたものになります。エクリン腺からかく汗と違って、かいた時にあまり気持ちよさを感じない汗としても知られています。

 

とはいえ、この汗自体に嫌なニオイがあるかというとそういうわけではなく、分泌された時点ではほとんどニオイのない汗なのです。

アポクリン汗腺から出てきた汗がワキガになるまで

ワキガの臭いに鼻をつまむ女性

脇の下に存在するアポクリン汗腺から出てくる汗自体に、ニオイはないということはお分かり頂けたでしょう。でも、実際に脇の下に汗をかくとそれが嫌なニオイとなって漂ってしまいます。

 

結論を言うと、この原因は脇の下に存在している常在菌なのです。

 

私たちの肌にいるこの細菌たちはジメジメしたところを好みます。アポクリン汗腺から出た汗は脇の下をジメジメした状態にしてしまいますので、細菌の働きが活発になり、汗に含まれる成分の分解速度もどんどん早くなります。細菌によって汗に含まれている成分が分解されると、特有のニオイを放つようになり、これこそがワキガの原因なのです。

 

それに加えてエクリン腺から分泌された汗も合わさると、細菌が好むジメジメした環境は脇の下の広範囲に広がります。その中で細菌達はどんどん増殖し、成分の分解作業もしていくので、よりワキガのニオイが広範囲に渡って発生してしまうようになるわけです。

 

 

このように、ワキガには汗が深く関係していますが、汗自体にニオイがあるわけではないということが分かります。ニオイを抑えるためには、できるだけ汗をかかないようにするだけでなく、汗をかいたことで細菌が繁殖してしまうのを防ぐように対策することもポイントといえるでしょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから