ワキガと口臭の意外な関係

口臭を気にする女性

近年の日本では、ワキガ臭などの体臭を気にする人が増えています。

 

自分から発せられているニオイには、鼻が慣れてしまうため、なかなか自分では気づきにくいもの。しかし、自分では気付かなくても、周囲の人は強くニオイを感じてしまうため、知らないうちに避けられてしまったり、人間関係が上手くいかなかったりと、様々な弊害が起きてしまうので大きな問題です。

 

そんなワキガ臭、実は口臭とも関係があるといわれているようです。
ここでは、ワキガ臭と口臭の関係などについてお話していきましょう。

 

ワキガ臭がキツイ人は口臭もキツイ傾向がある!?

ワキガ臭に悩まされている人の多くは、口臭もキツイことが多いといわれています。

 

基本的にワキガ臭や口臭は、体内の不純物が汗や息に溶け出すことで起こるもの。たとえばアルコールやタバコを過剰摂取していると、ニコチンやアルコールなどが肝臓で処理しきれず、血液中に溶け出してしまうため、汗や息に混じって排出されやすくなってしまいます。その結果、ワキガ臭や口臭がきつくなってしまうことになるわけです。

 

また、乱れた生活習慣やストレスなどによって臓器の働きが衰えてしまうことも、ワキガ臭や口臭を強くする原因となります。臓器の働きが悪くなると、本来肝臓などで処理されるはずの悪い物質が処理しきれずに血液中に溶け出してしまったり、便秘になって体内に長く便が滞ることで、便が腐敗ガスを発生させてしまうのです。

 

こうして発生した腐敗ガスや処理しきれなかった悪い物質はどんどん血液中に溶け込み、最終的には汗や息と一緒に排出されることになるため、ワキガ臭や口臭がどんどん悪化することになります。

 

ワキガ対策におすすめのデオドラントクリームはこちら

 

ワキガ臭と口臭の悪化を避けるためには体の管理が大事

肝臓に負担をかけ過ぎないようにする

アルコールを飲み過ぎたり、脂っこい物や甘い物ばかり食べていると、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。また、果物は朝から昼の間に食べる分にはエネルギー代謝として活用されてくれますが、夜食べてしまうと代謝されず、肝臓に脂肪として蓄積してしまい、肝臓の機能を衰えさせてしまう原因となります。

 

肝臓が機能しないということは、体内の毒素を処理できないということ。処理できない毒素はニオイの元となってしまいますので注意が必要です。

 

便秘を解消する

大腸に長く便が留まっている状態が続いていると、その便は腐敗して有毒なガスを発生させます。。このガスは血液中に溶け込んで体中に運ばれて、口臭やワキガ臭をより悪化させる原因となってしまうのです。食物繊維を積極的に摂ったり、水分を毎日多めに摂るようにするなどして、便秘を解消していきましょう。

 

 

このように、ワキガ臭と口臭の間には深い関係があります。
どちらも近年の日本では人から嫌われてしまう傾向にあるものです。家族から指摘されたことがあったり、自分で少しでも違和感を感じたりすることがあれば、早い段階で対策を取っていきましょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから

グループサイト

 

体臭サプリでニオイ対策!気になる体臭を改善しよう!
体臭の対処法の1つとして、サプリメントを飲むという手もあります。胃腸で発生するニオイを抑えたり、すでに発生しているニオイを分解したりすることができます。