ワキガ手術の失敗リスクは?手術跡は大丈夫なの?

わきが手術失敗のリスクについて考える女性

コンプレックスにもなりやすいワキガ。これを克服するために、メスまで入れて手術したのにワキガが治ってない!…という失敗事例をしばしば耳にします。

 

「ワキガはワキガ手術すれば治る」なんてよく言われますが、メスを使う外科的な手術というのは難易度が高く、場合によっては失敗してしまうこともあるそうです。

 

失敗するとどうなるの?

ワキガ手術が失敗してしまった場合、ワキガを治すことはできず、手術をしてから数カ月後には元の状態に戻ってしまうと言われています。

 

基本的にワキガの手術は、ワキガの原因になる汗腺と呼ばれるものをメスで除去するという方法で行われています。しかし、手術が未完成であったり不十分であったりすると汗腺は傷ついても時間とともにまた成長してしまい、元の状態に戻ってしまうというわけです。また傷が残ってしまったり、ニオイが消えないどころが強くなってしまうということもあるようです。

手術の成功率は100%ではない

冒頭でも言ったとおり、手術の成功率は100%ではありません。どこかで失敗する可能性があるのです。外科手術というのは必ず失敗のリスクをはらんでいて、その確率が自分に当たる可能性がないとは言えないのです。

 

さらに言えば、ワキガ手術が失敗した場合、もっと症状がひどくなってしまったり、違う症状が出てしまったりしてその後の人生にすらも大きな影響を与えてしまう可能性があるのです。軽い気持ちで、手術をすればいいと決めてしまうと後悔してもしきれないような状況に陥ってしまうかもしれません。

 

ワキガ手術の傷跡

ワキガ手術はどうしてもメスを使った手術になりますので傷跡が残ってしまうことがあります。ワキガ手術のリスクとしては有名な部類に入ると思いますので知っている人も多いことでしょう。最近になって傷跡が残りにくい手術の方法なども提案されていますが、これだと今度は汗腺の取り残しがあったりするなどのデメリットもあるようです。

 

手術に慣れた医師に当たることができれば、メスを使った手術であったとしても大きな傷跡を残すことなく綺麗に手術することができるでしょう。しかし、反対に未熟な医師にあたってしまうとごっそり傷跡が残るだけでなく、ワキがつってしまったり、黒ずんでしまったりという弊害も出てくる可能性があります。

 

手術を実際に受けてみるまでは、その医師が手術に慣れているのかどうか、腕がいいのかどうかはわかりません。受けてみて初めて分かるので一種賭けともいえるのではないでしょうか。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから

 

<関連記事>
わきが手術のメリットとデメリット

 

ワキガ手術は気軽に行えるものではありません。
費用も高いですし、やはりリスクも大きいのです。
ワキガ手術を受けるかどうかは慎重に決めるべきだといえるでしょう。