ワキガの人はモテる?ワキガとフェロモンの関係

ワキガとフェロモンについて話す女性

ワキガだとモテない、嫌がられる…そう思っている人も多いことでしょう。ですが巷では「ワキガの人はモテる」「ワキガはフェロモンだ」という説も流れています。

 

その昔、世界三大美女の一人である楊貴妃が香しい体臭をしていたと言われていますが、これは実はワキガだったのではないか、とも言われるほどです。

 

さあワキガはフェロモンだというこの説、はたして本当なのでしょうか?

 

ワキガはフェロモン?

元来、哺乳類には「アポクリン汗腺」と呼ばれる汗腺が全身に存在していて、そこから乳白色の分泌液が分泌されています。この分泌液にはタンパク質や脂質が含まれていて、これを皮膚の常在菌が分解することにより臭いを発し、「フェロモン」として機能させているのです。

 

しかし、人間は例外であり、このアポクリン汗腺はもうほとんど存在していません。その代わりに全身にエクリン汗腺というものを持っており、ここから発汗しています。エクリン汗腺からの汗はそのほとんどが水なので臭いはほぼありません。

 

ただ、アポクリン汗腺がまったくないわけではなく、耳やワキなどに限定的に存在しているのです。このアポクリン汗腺からの分泌液がワキガの原因になっています。つまり、人間も他の哺乳類と同じく、アポクリン汗腺から分泌液を出しており、これがフェロモンになっている、というのは事実なのです。

 

人間はフェロモンを感知できない

ですが、残念なことに今の人間にはアポクリン汗腺から出るフェロモンを感じ取るための器官がありません。以前はあったといわれていますが、現在その器官は退化してしまい機能を保っていません。そのため、ワキガの臭いを感知したとしても、それをフェロモンとして認識することはないということです。(諸説いろいろあるようですが。。)

 

強すぎれば異臭になる

哺乳類だけでなく、昆虫なども出しているフェロモンですが、これは感知する器官があってこそ働くものであり、それを感知できないのであれば意味はありません。人間のワキガも本来であればフェロモンの役割を持っていますが、器官が退化してしまった今となっては異臭でしかありません。好ましくない臭いである、と認識されやすいワキガですから、しっかりケアをしておきたいものですね。

 

ワキガの臭いが好きだという女性も中にはいるでしょう。ですが、エチケットとしてワキガの対策をしておくというのも大切です。すべての人がその臭いが好きというわけではないのですから。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから