ワキガは女性のほうが多いと言われている

ワキガは女性が多いと知って驚く

ワキガのきついニオイに悩まされているのは、男性の方が多いイメージはありませんか?でも実はワキガに悩まされているのは女性の方が圧倒的に多いのです。

 

その割合はなんと、男性:女性=3:7
実にワキガに悩まされている人の約7割が女性だと言われているのです。

 

ワキガ対策におすすめのデオドラントクリームはこちら

 

男性よりも多い皮下脂肪が原因

男性に比べて女性のほうが、皮下脂肪の量やアポクリン汗腺の数が多いと言われています。

 

皮下脂肪はアポクリン汗腺や皮脂腺の働きを活性化させてしまう要因となりますので、女性の方がアポクリン汗腺から分泌される汗が多い傾向にあります。このアポクリン汗腺から出た汗の成分が細菌により分解されると、悪臭を放つことになるわけですから、女性のほうがワキガになりやすいと言えるわけです。

 

甘いモノが好きなのも原因の1つ

男性よりも女性のほうが甘い物好きの人が多いようです。「スイーツは別腹!」なんて言いながら、食事の後にデザートをたくさん食べてしまう人も少なくないでしょう。でも実はこれも、ワキガを招く原因の1つだったのです。

 

肉類や乳製品などの動物性脂肪には、脂肪酸や中性脂肪がたくさん含まれています。こうした動物性脂肪を摂取すると、体内でアポクリン汗腺が刺激される事になります。スイーツには動物性脂肪がたくさん含まれていますので危険ですね。実際、肉類中心の食事が基本となっている欧米の人たちは、ほとんどがワキガ体質と言われています。

 

このことから分かるように、食べ物によってワキガを引き起こす可能性は大きく変わってきますので、食生活を改善することもワキガ対策としてとても有効なわけです。

 

まずはデオドラントクリームでワキガ対策しよう

 

アルコールが原因になっていることも…?

最近は女性でも会社の付き合いなどでお酒を飲む人が増えてきています。

 

お酒を飲むと血液中のアルコール濃度が高くなります。すると血流が増えて体温も上昇することになり、アポクリン汗腺やエクリン腺が刺激されて発汗しやすくなってしまうのです。

 

特にアルコールによって体温が上昇したことでかく汗は運動などでかく汗とは違い、ワキガなどのニオイに発展しやすいため注意が必要です。

 

女性ホルモンが原因となっている?

女性の場合、女性ホルモンが原因となってワキガになっていることもあるようです。なぜなら、女性ホルモンにはアポクリン汗腺を刺激して開かせてしまう働きがあるからです。そのため月経が始まってからワキガに悩まされるようになったり、月経の前後だけワキガに悩まされているという人も少なくありません。また閉経後は突然ワキガに悩まされなくなったということもよくあることだそうです。

 

このことからわかるように、女性ホルモンとアポクリン汗腺には深い関係があるのです。

 

 

このように、女性は男性に比べるとワキガにつながる要因をたくさん持っています。

 

とはいえ、ニオイの問題は女性にとって非常にデリケートな問題です。なかなか人に打ち明けられず、一人で悩んでしまっている人も少なくないでしょう。

 

そんな女性たちの悩みを解決するアイテムとして近年注目されているデオドラント商品。クリームタイプのもので使いやすかったり、1日1回使うだけでOKなど、市販の制汗スプレーに比べて使いやすい商品が多く出てきています。最近は消臭しながら脇の下の皮膚のケアを行えるなど、美容効果も期待できるものが多いです。

 

当サイトで紹介しているデオドラントクリームは、高い効果を期待でき、無添加で安心して使える商品なのでワキガ対策にはピッタリです。ぜひチェックしてみることをオススメします。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから