ワキガを自覚していない人が意外と多い

体臭に気づかない女性

日本人は全世界の中で特に臭いに敏感である人種と言われています。特に最近では体臭や口臭に気を使うことも1つのマナーという考えが常識となっており、特に気を付けているという人も多いでしょう。

 

実際、体臭や口臭が酷いと、それだけで相手からの第一印象も悪くなってしまいます。どんなに性格が良くても、他の所で頑張っていても、体臭がきついというだけで職場などで邪険にされてしまうことも少なくありません。つまり職場やプライベートでの人間関係を大きく左右するものでもあるわけです。

 

そのため人間関係をうまくやっていくためにも、ワキガ体質の人は自覚してしっかり対策をしておきたいものなのですが、意外にもワキガは自覚しにくいものと言われているのです。

 

「あんな強烈な臭いなんだから自覚しないなんてことはないだろう…」

 

そう思っている人は多いと思います。でも、それは大きな間違いです。自分は大丈夫と思っていると後々大変なことになるかもしれません。

ワキガは自覚しないことが多い!?

ワキガが問題なのは、ニオイが強烈ということだけではありません。自分では自覚しづらいというのも、ワキガの大きな問題点の1つです。実際、ワキガを自覚しやすいのは軽度の人や中度の人が多いと言われています。つまり、重度の人ほど自覚しにくいのです。

 

「重度なワキガなら強烈な臭いで気づくんじゃないの?」と思うところでしょう。しかし、人間の嗅覚は順応力が高いものです。部屋に新しい芳香剤を置いたとき、置いた直後から数日は良い香りを感じていたのに、時間がたつにつれてだんだん匂いを感じなくなっていた…なんて経験、したことはありませんか?

 

このように、人間の嗅覚はニオイに対して順応してしまうようになっています。たとえそのニオイがどんなに不快なものだったとしても、慣れてくるとニオイを感じなくなってしまうのです。これこそワキガの人が自覚しづらい原因だったわけですね。

 

自分にワキガの可能性があるかどうかを知っておこう

「実は自分は気付いていないだけでワキガかもしれない…」と不安になった人もいるかと思います。自覚しづらいなら自分で気を付けることは難しいのか…と、マイナスに考えてしまいがちになるかもしれませんが安心して下さい。

 

自分にワキガの可能性があるかどうかはチェックできますので、ここではそのチェックポイントを紹介しましょう。

 

両親がワキガ体質である

ワキガは遺伝するものと言われています。両親のうちどちらか一人でもワキガ体質だと、50%以上の確率で遺伝するようです。仮に両親どちらもワキガ体質だった場合は、80%以上まで確率が跳ね上がると言われています。

 

耳垢がネバネバしている(湿っぽい耳垢)

耳掃除をする女性

耳垢が湿っているのは、耳の中にアポクリン汗腺がたくさんある証拠です。つまり、それだけ人よりも多くアポクリン汗腺を持っていることになります。そのため耳垢が湿っている人はワキガであることが多いのです。

 

脇毛が濃い、量が多い

アポクリン汗腺があるのは毛根の根本の部分です。そのため脇毛が濃い、もしくは量が多い人は、その分アポクリン汗腺を多く持っていることになるためワキガになりやすいのです。

 

多汗症

エクリン汗腺から分泌されている汗はワキガの元ではありませんが、多汗症だとアポクリン汗腺から分泌される汗も多くなります。そのためワキガにつながりやすくなってしまうのです。

 

服の脇の下のところが黄ばんでしまう

脇に汗をかく女子

従来の汗はほとんどが水分でその他の成分を特に含んでいないため、服にシミとして残ることはありません。しかし、アポクリン汗腺から分泌される汗はタンパク質や脂質、アンモニアなどを含んでいるため、服に黄色っぽいシミができてしまうのです。このようなシミが脇の下につきやすい場合は、ワキガである可能性が高くなります。

 

 

自分はワキガじゃない…と思っていても、上記の項目の中で当てはまるものがあれば、ワキガである可能性があるため注意が必要です。1つでも気になるものがあれば、早めにワキガ対策をしていくようにすることをおすすめします。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから