ワキガは他に人にうつる(感染する)ことはあるのか

ワキガの感染について説明する看護師

ワキガの問題において気になるのが、
「人に感染しまうものなのか」ということでしょう。

 

自分がワキガでなくても、何かの拍子で他人からうつってしまうのではないか…と心配している人もいるかと思います。

 

でも安心してください。ワキガは体質であり病気ではないので感染することはありません。「ワキガが人にうつる」という話を聞いたことがあるという人もいらっしゃるかもしれませんが、これは誤解です。

 

ワキガのニオイが発生するのは、脇の下などに存在するアポクリン汗腺と、そこから分泌されている汗、そしてその汗に含まれている成分が細菌によって分解されることが原因です。つまり、アポクリン汗腺の量が多ければ多いほど、ワキガのニオイに悩まされやすくなってしまいます。

 

実際、ワキガ体質の人はワキガではない人に比べて、脇の下にあるアポクリン汗腺の数が多いことが分かっています。つまりこのアポクリン汗腺を持っていなければ、ワキガに悩まされることはないと言えるのです。

 

ワキガ対策におすすめのデオドラントクリームはこちら

ワキガ体質の人の服を借りて着用してもうつらない?

ワキガ体質の人の服を着用したら、自分の脇からワキガのニオイを感じた…なんて経験がある方もいるかもしれません。このような経験をすると、まるでワキガがうつってしまったように感じられるかもしれませんが、決してうつっているわけではないので安心して下さい。

 

その証拠に、このような場合はシャワーを浴びたりお風呂に入ればすぐにワキガのニオイは感じなくなります。

 

ワキガ体質の人の服を着用した時に、その服に付いている細菌が一時的に脇の下に付着することになります。この時に付着する細菌の中には、アポクリン汗腺から分泌された汗を分解することでニオイを発生させる菌も混じっています。そのような細菌が付着したため、一時的にワキガ臭が感じられるようになるわけです。

 

この種の細菌はアポクリン汗腺から分泌された汗だけを分解するものなので、アポクリン汗腺が存在している脇の下でしか生息することはできません。そのため、アポクリン汗腺を持たない人の脇の下に付着してもすぐにいなくなってしまうのです。

 

ワキガは感染しないが遺伝はする

上記の通り、ワキガは病気ではなく体質なので人から人へ感染することはありませんが、体質なので親から子供へ遺伝してしまうことはあります。しかも優性遺伝となるため確率は高く。両親どちらもワキガ体質だった場合の遺伝確率は8割近く。かなりの確率で子供にワキガ体質が引き継がれてしまうのです。

 

このようなお話をしてしまうと、自分がワキガ体質だった場合の子供への遺伝が悩みになってしまうところですが、ワキガは決して対策法がないものではありません。

 

最近では優れたデオドラント商品も数多く登場してきており、毎日簡単なケアをするだけでニオイを抑えつつ、ワキガ体質を改善していくことも期待できます。仮に子供にワキガが遺伝してしまったとしても、悲しむのではなく対策を考えて取り組んでいけるようにしていきたいですね。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから