ワキガの体質は遺伝してしまうものなのか

ワキガの遺伝を考える看護師

嫌な体臭のひとつであるワキガ臭。そんなワキガ体質は「遺伝するもの」というイメージが強いと思います。

 

実際、ワキガ体質は遺伝が関係しています。

 

ワキガ体質になるかどうかは脇の下などにアポクリン汗腺がどのくらいの量存在するのかで決まってくるのですが、この量は生まれた時に決まるもの。

 

つまり、親戚や両親、兄弟にワキガ体質の人がいる場合、遺伝している可能性も高くなるといえるのです。

 

ワキガ対策はデオドラントクリームがおすすめ

 

ワキガ体質の遺伝は優性遺伝

ワキガ体質は優性遺伝のため、高い確率で遺伝してしまいやすいと言われています。

 

例えば両親のうち片方がワキガ体質であった場合の遺伝確率は50%、両親どちらともワキガ体質であった場合の遺伝確率は80%となっています。つまり実に高い確率で遺伝してしまうのです。

 

自分がワキガ体質に悩んでいる場合、「子供にワキガ体質が遺伝してしまうんじゃないか…」と不安になる人は少なくないでしょう。愛する我が子がワキガ体質が遺伝したことによってイジメを受けてしまったりするのは非常に苦しいものです。

 

確かにワキガ体質は遺伝してしまう可能性が高いものですが、とはいえ100%遺伝してしまうものでもありません。中には両親がワキガ体質であったのに子供がワキガ体質ではなかったというケースも存在しているのです。

 

また、ワキガの悩みは深刻なものですが現在では全く解決方法がないというものではありません。専用のデオドラント商品を使って対策することで汗を防ぎ、同時にニオイを防いでいくことが出来ます。

 

「ワキガ体質は遺伝なのか…」と諦めてしまうのではなく、今だからこそ出来る対策方法で悩みを解決していくことを考えていくようにしましょう。

ワキガ体質が子供に遺伝したかどうかはいつ頃わかるのか?

ワキガ体質が子供に遺伝しているかどうかを知りたい場合、いつ頃結果を知ることが出来るのでしょうか。

 

まず、ワキガの原因となるのはアポクリン汗腺から分泌される汗です。つまり、アポクリン汗腺が成長し始める時期になれば、子供にワキガ体質が遺伝したかどうかが分かります。

 

アポクリン汗腺が成長し始めるのは第二次成長期。大体9歳〜13歳くらいまでの間に起こるもので、思春期と同じ頃になります。この頃に子供がワキガに悩むようになったり、子供からワキガのニオイが気になるようになったら、ワキガ体質が遺伝した可能性が高いと考えて良いでしょう。

 

その場合は子どもと一緒に対策を考えて、デオドラント商品などで適切なケアをしていくようにすることでニオイを抑えていくことが出来るはずです。

 

 

自分がワキガ体質というのも悩み多きものですが、自分の子供がワキガ体質になってしまうというのも大きな悩みとなることは間違いありません。

 

でも、仮に子供にワキガ体質が遺伝してしまったとしても悲しむことなく、早い段階で対策を一緒に考えていくようにしてあげて下さいね。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから