ワキ毛を脱毛すればワキガのニオイは無くなるのか

脇毛を脱毛した女性

「ワキ脱毛をしたらワキガのニオイがなくなった!」
なんて話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

特にワキガに悩んでいる女性の場合、ワキ脱毛をすることでワキガの悩みを解決できると考えている人は少なくないようです。しかし結論から言うとワキ脱毛=ワキガを完全に解決というわけではありません。

 

このページでは、ワキガとワキ脱毛の関係についてお話していきたいと思います。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから

脇毛があることでワキガのニオイもひどくなる?

ワキ脱毛をすることで完全にワキガを改善することが出来るというわけではありませんが、脇毛があることによってワキガのニオイがひどくなりやすいのは事実です。

 

ワキガ臭というのは、脇の下にあるアポクリン汗腺やエクリン腺から分泌された汗によって、脇の下がジメジメした環境になることで細菌が繁殖しやすくなって発生しているニオイと、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれたものを細菌が分解することで発生しているニオイです。

 

さらに脇毛があると汗が絡みつき、余計ジメジメした環境を作って細菌を増殖させやすくします。その上、増殖した細菌も絡みついてどんどん悪循環へと発展してしまうため、ニオイも強烈になりやすいのです。

ワキ脱毛をすればワキガのニオイを軽減できる?

ワキ脱毛によって脇毛がなくなると、脇の下を清潔な状態に保ちやすくなります。また汗をかいた時にも脇毛がある時のように毛に汗や細菌が絡みつくことが無いため、細菌が増殖する範囲も抑えられます。

 

脇毛がある場合、ニオイを取り除こうと思ったら脇毛の1本1本丁寧に拭き取らなければ雑菌を除去することができませんが、脇毛がなければひと拭きで汗や雑菌を拭き取ることもできます。

 

このように、脇の下のケアがしやすくなることと細菌の増殖範囲が抑えられることによって、ワキ脱毛をするとワキガのニオイを軽減することが出来ます。このため、ワキ脱毛をするとワキガの悩みを解消できると勘違いしてしまいがちなわけです。

ワキ脱毛をしても完全にワキガを治せるわけではない!

ワキ脱毛をすることで脇の下のケアをしやすくなり、ワキガのニオイを抑えることは可能ですが、完全にワキガ体質を解消出来るとわけではありません。

 

そのため、ワキ脱毛をしたからといって安心してケアを怠っていると、自分では気付かないうちに周囲の人がワキガのニオイを感じてしまう可能性があるため注意しましょう。

 

ワキ脱毛をした場合でも、元々ワキガ体質なのであれば適切なケアは必要不可欠です。デオドラントクリームなどを有効に使ってワキガ対策を怠らないようにしていきましょう。

 

 

ワキ脱毛はワキガ自体を根本的に治すものではありませんが、細菌の繁殖を軽減したりケアをしやすくするという点では優れていますので、ワキガ改善のための対策として有効な方法の1つと言えるでしょう。ただし、ワキ脱毛をしたからといって油断は禁物。清潔な脇の下を維持してニオイに悩むことのない毎日を手に入れていきましょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから