服についたワキガのニオイは落ちるのか?

脇汗を気にする女性

ワキガに悩んでいる人はニオイを対策する他に「服についたニオイや黄ばみを何とかしたい…!」と考えていることでしょう。

 

どんなに脇の下をしっかりケアしても、服にニオイや黄ばみが残ったままでは元も子もありませんね。特にこのようなニオイや汚れは厄介なもので、一度ついてしまうとなかなか落とせなかったりもします。

 

そこでこのページでは、服についたワキガのニオイや黄ばみを落とす方法を紹介していきたいと思います。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから

 

ニオイと黄ばみは皮脂が原因…!?

ニオイや黄ばみは皮脂が原因です。脇の下などに存在しているアポクリン汗腺。ここから分泌される汗には、皮脂など様々なものが混ざっています。

 

洗濯すると、汗の水分は簡単に落とすことが出来ますが、皮脂はなかなか落とすことが出来ません。特に空気に触れて酸化すると黄ばみとして残ってしまい、これがなかなか落とせない黄ばみの原因となっているのです。

 

よく洗って一見真っ白になったように見えても、洗濯物が乾いたらニオイが気になる…なんて経験ありませんか?これこそ、目に見えないだけで完全に皮脂が落としきれていない証拠なのです。これを繰り返していると、どんどん落としきれてない皮脂が衣服に蓄積されていき、落ちない黄ばみとして残るようになってしまいます。

黄ばみやニオイを防ぐには服をこまめに洗うこと!

皮脂が付着したままの衣服を放置しておくと、皮脂は空気中に晒された状態になりますので、どんどん酸化していってしまいます。酸化が進むと、その分落としにくくなってしまうのです。面倒かもしれませんが黄ばみが目立ちやすい服やニオイをしっかり落としたい場合はとにかくこまめに洗うことを心がけましょう。

普段から漂白剤を使って黄ばみやニオイを予防しよう

漂白剤は特に落としたい汚れがある時しか使わない…という人は多いでしょう。しかし、漂白剤を普段使いすることで服にワキガのニオイや黄ばみがつくのを防ぐ事ができるのです。

 

漂白剤=シミになった汚れを落とすものという認識が強いかもしれませんが、実は消臭と除菌の効果を期待できるものです。そのためワキガに悩んでいる人が服のニオイや黄ばみを予防するには非常に適しています。

 

ちなみに漂白剤と聞くと、色物や柄物には使うことが出来ないイメージが強いかもしれませんが、それは塩素系の漂白剤のみです。酸素系の漂白剤であれば、色物や柄物でも色落ちしてしまうことなく使用することができるので試してみてください。

ニオイが特に気になる部分に!部分つけ置き漂白しよう

特にニオイや黄ばみが気になってしまった服は部分つけ置き漂白しましょう。

 

やり方は簡単です。バケツに40度位のお湯を入れて、そこに洗濯用洗剤を溶かします。つけ置きする服のニオイや黄ばみが気になっている部分に漂白剤を直接塗布したら、後はバケツに服を入れてつけ置きすればOKです。

 

この時のポイントは漂白剤だけでなく、バケツのお湯に洗濯用洗剤を溶かしておくことです。これによって服についてしまった皮脂をより落としやすくすることが出来ます。つけ置きの時間ですが、これは使った漂白剤に明記されているものを参考にして下さい。

漂白効果を気軽にアップ!?重曹漂白剤

普通の酸素系漂白剤の液体に重曹を混ぜるだけで、漂白効果を高めることができるのはご存知でしょうか?混ぜる割合ですが、重曹:酸素系漂白剤=1:1です。特にニオイが強烈だったり、つけ置きでも落としきれない黄ばみがある服には、この重曹漂白剤を作って対処しましょう。

 

重曹漂白剤で汚れやニオイを落とす場合も、気になる部分に塗布してつけ置きしてから普通に洗濯すればOKです。ちなみに、重曹漂白剤を塗布した後、そこにヤカンなどで蒸気を作り当ててあげるとより汚れやニオイを落としやすくなるようです。是非試してみてくださいね。

 

 

このような方法で服のニオイや汚れもしっかり落とすことで、ワキガの悩みからバッチリ離れることが出来ます。脇の下のケアと一緒に服の汚れもしっかり落として、ニオイの悩みを片っ端からなくしていきましょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから