汗の種類によって臭いものと無臭のものがある

ワキガの臭いを気にする女性

ワキガのニオイの元となる汗。実は嫌なニオイに繋がりやすい汗と、そうでない汗の2種類があります。

 

どのような汗がニオイの元になりやすい悪い汗なのか、反対にどのような汗が良い汗なのか…このページでは汗の種類について説明していきましょう。

乾きやすくサラサラな汗は良い汗

良い汗はサラサラで乾きやすいと言われています。

 

この汗に該当するのがエクリン腺から分泌される汗です。エクリン腺とは私たち人間の体温が上昇した時に体温調節を行うために汗を出す器官のこと。ここから出る汗に含まれているのは少しの塩分で、あとはほとんどが水分なので水に近くサラサラとしたものとなります。

 

また水に近いため蒸発もしやすく、すぐに乾くのも特徴。蒸発することで体を冷やし、体温調節をしているわけですね。

乾きにくくベタベタな汗は悪い汗

悪い汗は良い汗とは逆に、乾きにくくベタベタしているという特徴を持ちます。

 

悪い汗の中には、アンモニアや脂質、タンパク質など体内で不要になったものが多く含まれているため、ベタベタするし蒸発もしにくいのです。

 

基本的にこのような汗はアポクリン汗腺から分泌されるもので、食生活の乱れや過度なストレス、ホルモンバランスの乱れが原因でかきやすくなってしまいます。

 

体臭対策におすすめのデオドラントクリームはこちらから

 

良い汗はニオイの元になりにくく、悪い汗はなりやすい

前述した通り、良い汗は水に近い成分であるため蒸発しやすいものです。そのため、すぐに乾くことで皮膚表面をジメジメした状態にすることなく、ニオイの元となる雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。さらに良い汗は塩分を含んでいるので皮膚の表面が酸性になり、これも雑菌の繁殖を抑制します。

 

一方、悪い汗は蒸発しにくいため、皮膚表面をジメジメしたアルカリ性の雑菌が繁殖しやすい環境にしてしまいます。そして、繁殖した雑菌が汗に含まれているタンパク質や脂質、アンモニアなどを分解しワキガ臭を発生させてしまうのです。

良い汗とも悪い汗とも混ざってニオイを強くしてしまうものもある…?

エクリン腺とアポクリン汗腺の他に、皮脂腺と呼ばれるものも存在します。これは全身に存在しているもので、皮膚を柔らかくしたり、保護するために油脂成分を分泌している器官です。

 

ここから分泌される油脂成分がアポクリン汗腺やエクリン腺から分泌される汗と混ざると、ニオイを余計に強くしてしまうことになります。特にワキガなど体臭に悩まされている人の多くは、この皮脂腺から分泌される油脂成分が多いケースも少なくありません。

 

皮脂腺からの分泌物は、動物性脂肪をたくさん摂取すればするほど多くなりますので、ニオイを抑えるためにも、一度自分の食生活を見直して動物性脂肪ばかりの食事にならないように気をつけていきましょう。

 

 

このように、汗には種類がありその全てがニオイの元になるわけではありません。

 

もちろん良い汗もケアしないまま放置しておくと不潔な状態となり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのでニオイに繋がってしまいますが、悪い汗ほど簡単にニオイにつながるものではありません。

 

こまめにケアをしているのにワキガや体臭に悩まされている…という人は、悪い汗によるものか皮脂腺からの分泌液が多い可能性が高いです。食事を見直したり、アポクリン汗腺を刺激しないような生活(ストレスを溜め込まない、規則正しい生活を心がけるなど)をするなどの対策を実行していきましょう。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのランキングはこちらから