アルコールとタバコはワキガ臭を強くする

夏場を中心に大きな悩みの1つとなるワキガ臭。「気になって満員電車に乗るのが怖い」「家族からワキガ臭を指摘されて悩んでいる」なんていう人も少なくないでしょう。

 

そんなワキガ臭、実はアルコールやタバコによって悪化させてしまうといわれているのをご存知ですか?あなたのワキガ臭…もしかすると、アルコールやタバコが原因となっているのかもしれません。

 

どうしてタバコでワキガ臭が悪化するの?

タバコ

タバコには、ニコチンという物質が含まれています。タバコを吸っている人は、このニコチン依存症となってしまうため、ニコチンが切れる度に吸いたくなる衝動にかられるわけです。そして、このニコチンこそ、ワキガ臭を悪化させる原因の1つとされているのです。

 

ニコチンが体内に入ってくると、アポクリン汗腺とエクリン汗腺が刺激されてしまいます。特にアポクリン汗腺は、エクリン汗腺に比べてアンモニアや脂質など様々なものを含んでいる汗であるため、これらの物質が肌にいる細菌たちに分解されることでワキガ臭を発してしまうのです。

 

問題はそれだけではありません。タバコを吸っていると、アポクリン汗腺から出る汗にタバコのニオイも混じってしまいます。そのため、ワキガ独特のニオイにタバコのニオイが混じるため、より強烈なニオイとなってしまうのです。

 

また、タバコを吸うと新陳代謝が下がってしまいます。すると体内の毒物を排泄する力が弱まり、その分体臭が強くなってしまう可能性が考えられます。

 

このように、タバコはワキガ臭・体臭共に悪化させてしまうものなのです。禁煙するのはなかなか難しいものですが、吸う回数を減らしてみるなどして工夫してみてはいかがでしょうか。

 

まずはデオドラントクリームでワキガ対策しよう

 

どうしてアルコールでワキガ臭が悪化するの?

アルコール

アルコールを摂取すると、発汗性が高くなります。また、体内に摂取したアルコールは血液中に溶け込み、その後汗と一緒に排出されるようになるため、ワキガ臭に混じってより強烈なニオイにしてしまいます。

 

とはいえ、アルコールがワキガ臭を必ず悪化させるものなのかというと決してそんなことはありません。タバコと違って、アルコールの場合は適量であれば、健康にも良いとされているのです。

 

1日あたりの適量は、コップ1杯〜2杯程度の量とされています。また、週に1度休肝日としてお酒を全く飲まない日を作れば、尚良いでしょう。

 

適量の摂取を心がけ、定期的に休肝日を設けるようにすればアルコールでワキガ臭を悪化させてしまうことは防ぐことができます。ついつい多めに飲んでしまいがちな人は、まずは休肝日を設けてみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

このように、タバコとアルコールはワキガ臭を悪化させる原因として考えられています。

 

ストレス発散などでついつい過剰にタバコを吸ったり、アルコールを飲んでしまう人も少なくないでしょう。でも、何事もやり過ぎは体に毒でしかありません。やり過ぎていると感じた人は、少しずつでもいいので量を減らしてみる工夫をしてみることをおすすめします。

 

ワキガ対策用デオドラントクリームのおすすめランキングはこちらから